Your search results

【インタビュー】ガラス・ウー「ジャパンハナ不動産CEO」Squarefoot.com.hkインタビュー

Posted by Japan Hana on 7月 9, 2018
0

ジャパンハナ不動産は、日本の不動産売買に特化したガラス・ウーが2015年に設立。彼女のビジネスからバックグラウンド、そしてウーがどの日本の投資不動産取り扱いにおいて香港で一目置かれる存在となったを語った。

「私は東京に移り住む前に香港の不動産会社でキャリアをスタートしました」。 「私は日本での10年間、不動産を含むさまざまなビジネス分野で働いてきました。それにより、日本のさまざまな地域の不動産や賃貸市場について直接知ることができました。」 ウーは不動産と日本での生活の両方の経験を踏まえて、香港に戻り事業を立ち上げた。 「私は不動産市場で、開発者から不動産管理会社に至るまで、業界で広範なネットワークを構築しました。おかげで、香港やアジアの友人から日本への引越の依頼、日本の不動産の投資案件紹介依頼を受けてきました。」

ウーの日本での生活と仕事の経験と日本語の流暢さ、豊富な不動産情報により、ジャパンハナ不動産は同業他社と一線を画している。 「日本に住み、働いてきた私は、さまざまな地域、その便利さ、地元の賃貸市場の良さ、そして地元の日本人による彼らの見方についての洞察を提供することができます。私たちは家具の調達を支援し、お客様が日本で会社を設立するのを支援してきました。」

香港では、ジャパンハナが開催するウイークリーセミナーにて投資家にさまざまなガイダンスを提供している。通常は小グループで開催され、購入方法や購入プロセスなどのトピックだけでなく、高利回りの物件などの専門的なトピックも取り上げる。 「他の代理店とは異なり、私たちを際立たせているのは、私たちは日本のスペシャリストであり、日本に焦点を絞り、地元の視点からお客様にさらに詳細なアドバイスを提供できることです。」

ジャパンハナ不動産は独自の専門的かつ地元の専門知識を提供するよう努めているだけでなく、多くの異なる種類の投資家にとって魅力的な物件タイプに関する幅広いオプションもカバーしています。 「タイプに関しては、住宅だけでなく、商業、小売店、ホテル、旅館、建物全体も対象としています。 民泊を購入する投資家様の流入が見られ、投資環境が変化しました。また、日本のマンション一棟は香港のマンション一室とほぼ同じ価格であるため、マンション一棟を購入したい投資家様も増えています」とウーは述べる。 「私たちは日本のすべての都市をカバーしています。東京と大阪は香港人の間で最も人気がありましたが、急速に人気が高まっているのは福岡や京都のような小さな都市で、高い賃貸利回りを提供することができます。」

日本は現在、香港人に素晴らしい投資機会を提供している、とウーは説明する。 「香港から日本の不動産への投資はますます強力になっています。 日本の不動産は非常に手頃なレベルのままです。 福岡のマンション一棟を僅かHK $ 500,000で所有でき、東京のマンション一棟を香港の2ベッドルームのマンションの価格で購入できます。」

2020年に予定されている東京オリンピックと2022年に予定されているカジノリゾートも、経済に大きな利益をもたらし、投資を呼び込むでしょう。さらに、日本円が過去数年間で30〜40%安くなっただけでなく、日本の安倍首相の経済刺激策が国の経済に火をつけ、国の不動産市場に火をつけています。

>> Squarefoot.com.hk link

 

Compare Listings

Open chat