Your search results

日本のホテルに中国人投資家が着目

Posted by Japan Hana on 5月 4, 2021
0

中国の投資家がコロナウイルスのパンデミックの影響で低価格や破産となった日本のホテル不動産市場に着目をしている。

訪日観光客がいない影響で、多くの日本のホテルや旅館の経営継続が困難であることを日経は指摘する。

日本のホテルは中国のホテル経営者にとっては魅力的ではあるが、中国の利益のために多数のホテルを売却されることは地域経済に打撃を与える可能性があるという懸念がある。

東京商工リサーチのデータによると、ホスピタリティ業界の破産が2020年に前年比57%増の118に達したのに呼応して、中国のバイヤーが動き出した。日本のホテル業界への投資総額は62%減の2,170億円(155億香港ドル)だった。

その結果、中国のファンドが取得した日本のホテルの持分は2月に240に達し、2020年の同時期の2.4倍となった。

嬉野の大型ホテルが中国人投資家から10億円以上の入札の対象となったのはその月だった。 . このオファーは、パンデミック前に地元のコンソーシアムが提示した価格よりも約60パーセントも高かった。 ホテルは間もなく模様替えが行われ、主に中国の顧客に対応する予定だ。

出典:The Standard https://www.thestandard.com.hk/section-news/fc/13/229732/Japan-hotels-appeal-to-Chinese

Compare Listings

Open chat