Your search results

ビジネスパーソンに客室での仕事を誘う高級ホテル

Posted by Japan Hana on 5月 4, 2021
0

生産的で快適な在宅勤務を体験するには、ANAインターコンチネンタルホテル東京に着目してほしい。ANAインターコンチネンタルホテル東京では、半日(3時間)と終日(9時間)のプランが用意されている。 プランは6月30日まご利用可能で、現代的でスタイリッシュなツインまたはダブルルームに最大2名まで利用だ。豊かな明るさ​​、シームレスなWi-Fi接続、ゆったりとしたサイズのワークスペース、リラックスできる空間がこう語ります。「スタイリッシュに仕事をしよう」。

ショートスティ、ミニミーティング、オンライン会議に最適な3時間プランは、1部屋12,000円から、追加は1部屋3,000円/時間。 通常の就業時間が必要な場合は、19,500円の終日プランでしっかり仕事ができる。 高品質の寝具、リネンや遮光カーテンは、仕事の合間の仮眠に理想的。

さらなるインセンティブには、指定レストランでの20%割引、ルームサービスメニュー、ピエール・ガニェール パン・エ・ガトーのデリカテッセンのテイクアウトがある。

アメニティ、特典を備えた代替ワークスペース

出張でこれほど便利だったことは? ホテルグランヴィア大阪では、職場で仕事ができない、家から離れて仕事をする必要のある関西のビジネスパーソンのために、6月30日まで毎日テレワークプランを提供している。

客室は禁煙。 ビジネスシングルルームは8,500円から、デラックスシングルルームは10,000円から。 割引クーポンに書かれたレストランでのランチは15%割引(税込)。

午前9時から午後6時までの9時間のプラン。電話会議またはズーム会議が延びた場合、午後8時まで延長可能で、追加料金は1,000円/時間~。

全室に無料Wi-Fi、ケーブルインターネットアクセス、広いデスク、冷蔵庫、加湿器機能付き空気清浄機が備わっている。 ソーシャルディスタンスが推奨されるようになったため井戸端会議はお勧めできないが、無料のミネラルウォーターがなくなった後も、各フロアのマシンをミネラルウオーターを買うことはできる。

食欲をそそるステーキを堪能

不確実な時期には、美味しい料理がますます重要だ。 それはステーキ。 ローリーのプライムリブレストランは、COVID-19の非常事態宣言の間、オンライン注文とテイクアウトサービスを行っていて、更に厳しい制限が課せられない限り特製ステーキやサイドディッシュを提供可能。

温かいおもてなしで有名なこのアメリカンスタイルのレストランのテイクアウトメニューは、さまざまなスタイルカットした認定済アンガスビーフが特徴。 巨大なローリーカット(伝統的で最も人気のあるもの)は食欲をそそる。カリフォルニアカット(軽い食欲に最適);イングリッシュカット(薄切り肉)、東京カット、大阪カット(小さめの肉)、鮮やかなほうれん草のクリーム焼、店内で焼いたパン、レストラン独自のサラダなど、アットホームな一品が用意されている。

東京支店で提供される贅沢なプライムリブカレー(1,390円)も魅力的だが、東京カットステーキ、サラダ、パン、マッシュポテト、クリームコーン、クリームなど、4つのセットメニューは最高だ(12,880円)。ほうれん草と西洋わさびの調味料がすべてミックスされています。

出典:ジャパンタイムズhttps://www.japantimes.co.jp/life/2020/04/23/travel/get-work-done-style-quality-rooms/

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Compare Listings

Open chat