諸経費及び税金

Your search results

諸経費及び税金

初期の税金および関連費用は通常、購入価格の約5〜6%です。

仲介手数料

5%-6%

初期の税金および諸経費は、通常購入価格の約5〜6%です。 行政関係向け各種税金、印紙税、弁護士費用、代理店費用およびその他の関連費用が含まれます。

消費税

込み

消費税は他国ではVATと呼ばれることがあります。

日本では購入価格にはほとんど消費税込の価格となっています。

印紙税

印紙税は販売、建設、住宅ローンの契約に署名する際に支払います 印紙税の額は購入価格に基づいています。

不動産価格帯

印紙税

1000万〜5000万円

10,000円

5,000万円〜1億円

30,000円

1億〜5億円

60,000円

5億~10億円

16万円

印紙税は販売、建設、住宅ローンの契約に署名する際に支払います 印紙税の額は購入価格に基づいています。

不動産価格帯

印紙税

1000万〜5000万円

10,000円

5,000万円〜1億円

30,000円

1億〜5億円

60,000円

5億~10億円

16万円

司法書士の費用

権利譲渡およびその他の登録に対しては費用が発生します。

不動産取得税

不動産取得税は、政府が不動産の課税対象の不動産評価額に対して計算します。購入する不動産の種類によって異なります。 購入後6ヶ月以内に税務署から請求書が届きます。 不動産登録税は通常次の通りです

3% x 課税ベース*

*課税基準は行政によって決定され、通常は売却価格よりも低く、通常は不動産価格の30〜50%です。

不動産登録税

不動産登録税は、行政が決定した不動産評価額に対して算出します。 不動産登録税は通常次の通りです

2% x 課税ベース*

*課税基準は行政によって決定され、通常は売却価格よりも低く、通常は不動産価格の30〜50%です。

仲介手数料

3%+6万円+消費税

年間毎の税金

都市計画税と固定資産税

地方自治体の決定により、都市計画税と固定資産税は物件ごとに異なります。

1.7% x 課税価格

*課税基準は行政によって決定され、通常は売却価格よりも低く、通常は不動産価格の30〜50%です。

管理費と修繕積立金

管理費は、建物の共用エリアの維持費として毎月請求されます。

修繕積立金は毎月請求され、将来の建物の修繕費に充てられます。 料金は数年ごとに見直され、長期的な修繕計画に従って住宅所有者の管理組合によって調整される場合があります。

不動産管理費

ジャパンハナ不動産は、日本の物件管理、借主のお手伝い、家賃の徴収、オーナーへの譲渡などのプ不動産管理サービスを提供しています。

賃貸収入にかかる税金

下記の個人所得税率を参考にしてください。 税金は諸費用を差し引いた純利益のみが課税対象となります。 個人への税金は個人の税務状況によって異なります。買主様は、個人の税務状況について税務の専門家に相談することをお勧めします。

日本の個人所得税率

収入の範囲

税率

195万円以下

5%

195万円〜330万円

10%

330万円〜695万円

20%

695万円〜900万円

23%

900万円〜1800万円

33%

1,800万円〜4,000万円

40%

4,000万円以上

45%

  1. 一人当たりの税額控除額は約38万円
  2. 納税申告は毎年実施する必要があります。 ジャパンハナ不動産は、お客様に会計事務所ご紹介のお手伝いをしています。

日本の個人所得税率

収入の範囲

税率

195万円以下

5%

195万円〜330万円

10%

330万円〜695万円

20%

695万円〜900万円

23%

900万円〜1800万円

33%

1,800万円〜4,000万円

40%

4,000万円以上

45%

  1. 一人当たりの税額控除額は約38万円
  2. 納税申告は毎年実施する必要があります。 ジャパンハナ不動産は、お客様に会計事務所ご紹介のお手伝いをしています。
image subtract boxes

Points to note:上記の税率は一般的なケースのものであり、料金と費用は物件の種類と場所、および個人の状況によって異なる場合があります。 税金については、お客様は個々の状況に応じて専門的な税務アドバイスを求めることをお勧めします。

ご連絡ください

理想の住宅探しは当社コンサルタントにご相談ください

お問い合わせ

フォームにご記入してください。当社よりご連絡をさせていただきます。

Compare Listings

Open chat