よくあるご質問

Your search results

よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問
日本の不動産を購入・売却

About us

日本は外国人の不動産購入を禁止しておらず、購入者の国籍に関係なく税率は同じです。 1998年4月以降、外国人の不動産購入権に関する法律が若干変更され、日本での不動産所有の制限が緩和されました。

日本では、外国人が不動産を所有する場合、土地の権利関係を登録した後に所有することができるという規則があります。 それぞれの不動産や土地の権利は永久に購入者のものとなり、売却、購入、家族内での相続の権利を保持します。

香港での契約締結:香港の投資家のために、手続きを監督し、契約の重要な条件を説明し、登録手続きで投資家を支援する弁護士を手配することができます。 お客様は、ここ香港で日本の不動産を購入できる利便性を享受することができます。 詳細は「購入の流れ」をご覧ください。

日本での契約締結:ジャパンハナ不動産日本支社のスタッフは、中国語と英語に堪能です。 ツアーに参加したり、一日かけて日本の美しさを堪能したり、自由に楽しんでください。 ご宿泊のホテルまで弊社スタッフがお迎えに上がり、ご契約を完了させるよう手配いたします。

ジャパンハナ不動産のスタッフは、日本語、広東語、北京語、英語に堪能で、すべてのプロセスにおいて、お客様にサービスを提供します。

  1. 香港の身分証明書のコピー
  2. パスポートのコピー
  3. 香港在住と直筆サインを証明する宣誓書のコピー。

これは通常、区役所で無料で入手できますので、中国語と英語のコピーを用意してください。

日本で不動産を購入する場合、購入税、弁護士費用、仲介手数料などの諸費用がかかります。 詳しくは「購入費用と税金」の項をご覧ください。

直接物件をご覧になるお時間のあるお客様には、中国語や英語に堪能なスタッフが物件をご案内する手配も行っています。

香港は忙しい街なので、すべてのお客様が日本に行けるわけではないことを理解しています。その場合、当社は物件の内外を撮影したクオリティの高い写真を提供することにしています。

ほとんどの投資用物件はリース契約となっており、現在テナントが入居している物件の内部見学はプライバシー保護の観点からできませんが、お客様が物件の見学を希望される場合は、周辺環境を把握するために外観の見学は可能で、室内の写真がある場合は提供します。

空き物件は無料で見学できます。

物件契約は日本語が中心となります。 翻訳サービスを弁護士に依頼すると、非常に高いコストがかかります。 ご契約の前に、スタッフが詳しく翻訳し、購入方針や契約内容をしっかり説明します。 その際、購入者が特に注意すべき点があれば、スタッフがメモを取りますので、ご安心ください。

香港からの送金も可能で、購入者は日本円で支払う必要です。

購入者の経歴に応じて、住宅ローンを利用することができます。 ジャパンハナ不動産では、多くの銀行や金融機関と連携しており、支援を受けることができます。 住宅ローンは、3,000万円以上の物件であれば、物件価格の70%まで借りることができます。 詳しくはお問い合わせください。

パートナー企業は賃貸管理のプロフェッショナルであり、便利な賃貸収集、テナント、不動産管理サービスをオールインワンで提供しています。

入居者探し、家賃の集金、現金の送金、入居中のトラブル、退去手続き、ハウスクリーニングやリフォームなど、オーナー様のニーズに合わせたサービスを提供しています。

お客様のニーズに合わせて、香港の各銀行口座に送金されるため、安心してジャパンハナ不動産をお選びいただけます。

日本の銀行口座の開設は必要ありません。 当社の賃貸管理会社がオーナー様に代わって家賃を回収し、香港の銀行口座に直接送金します。

外国人の日本でのマネーロンダリングを防止するため、日本政府は通常、居住権を持たない外国人の銀行口座開設を許可していません。

これは日本の不動産法では認められていない。 不動産契約は、宅地建物取引業免許を持つ不動産会社を経由し、専門家による捺印と宅地建物取引士による承認が必要です。 不動産業者や不動産鑑定士が不動産や土地の登記を確認した後、買主は法務局で登記を行う。 日本では、宅地建物取引士がいなければ、手続きを行うことができません。 不動産の購入を希望される方は、日本の法律を遵守した上で、手続きを行ってください。

はい、可能です。 購入の際には、それぞれの住所証明書と本人確認書類を提出してください。 毎年確定申告をする際、所有者双方が記入することになります。 ご不明な点がございましたら、認定税理士までお問い合わせください。

日本は投資家移民を含め、移民政策が非常に厳しい。 日本政府は、外国人の永住を制限するため、保守的な入国管理政策を実施している。 一般的な投資家(不動産購入者)は、滞在ビザを取得することはできません。 しかし、申請者が多くの不動産を持ち、十分な給与を得ていれば、投資家ビザを申請することは可能である。 より詳細な説明については、お問い合わせください。

香港と日本との主な違いは、日本のアパートの専有面積または建築面積は、廊下や玄関を除いたものであることです。 アパートの専有面積は壁の中心(壁芯)から、建築面積は内壁から集計しています。 2つの計算には若干の差がありますが、その差は10%以下です。 テラスの面積は追加でカウントされます。

坪は、面積を測るための日本の標準的な単位です。 1坪は約3.305平方メートル、35.583平方フィートで、1坪は約2畳に相当する。

RCとは、Reinforced Concrete Constructionの略で、鉄の細い棒で物件の骨組みを作り、コンクリートを流し込んで構造を作ることを意味します。 この2つの複合材料がRC構造を構成し、張力を受けたときに建物の耐力を増し、建物の力学的特性を強化する。 一般にRC造は、SC造やSRC造に比べコストが安いため、15階以下の建物のみに使用されます。 SRC造(Steel Reinforced Concrete Construction)は、太い鉄骨で骨組みを作り、細い鉄筋とコンクリートを組み合わせて建物を成形する。 鉄筋コンクリートや鉄骨の強靭さから、地震に強く、安全で、高層建築(12階から25階程度)に適していると宣伝されることが多い。 RC構造より建設費が高くなる。

1981年5月31日以降に竣工した建物は、耐震基準レベル6を確保するための法律に沿っています。 損害保険に加入する際、地震保険に加入することも可能で、自然現象によって建物が損害を受けた場合、保険会社がその損害を補填する。

一般的に、借主は家を借りた時の状態に戻す責任があります。 修繕費(給湯器、エアコン、キッチン、浴室、洗面台、ドア枠などの設備)は、入居者の過失や故意による破損を除き、オーナーに請求されます。

オーナーから支払われる管理費によって、物件の適切な管理、公共スペースの維持が行われます。 建物全体のサービス、防災設備、定期点検費用、管理費、ハウスクリーニング、公共料金、損害保険、施工会社費用などです。 メンテナンスは、建物の安全性を確保するための改修や、定期点検に合格するための長期的な維持管理が含まれます。 緊急時に備えて、ビルの全テナントから修繕費を徴収しています。

「宅地建物取引士」(宅建)とは、不動産取引の実務を行う者に対し、国が認定する専門資格です。 これは、香港の一般的な不動産業や不動産業者のライセンスとは異なるものです。 「宅地建物取引士」は、不動産契約に特化した専門資格で、法学部卒に相当する。 スペシャリストは契約書の作成と解釈を担当し、最も重要なのは買い手と売り手への不動産販売を監督することです。 買い手と売り手が合意に至れば、専門家の記名・押印により契約書が拘束され、売買契約が正式に成立する。

もちろん、できます。 ご希望に沿う物件が見つかりましたら、遠慮なくご連絡ください。

可能です。 購入条件を明確にお伝えいただければ、お客様のご要望に沿った最適な物件を迅速にご紹介します。

可能です。 日本での会社設立や投資家ビザの取得をサポートするために、日本の専門家である行政書士(弁護士)との面談をお客様に代わって手配します。 詳細はお問い合わせください。

Compare Listings