Your search results

ブラックストーンがPAGから10億ドルの日本ポートフォリオを購入

Posted by Japan Hana on 4月 1, 2021
0

ブラックストーン(アメリカの大手投資ファンド運用会社)は今年、日本で4回目の大規模な不動産取得を行い、国内の不動産資産への総支出は5,400億円(52億ドル)を超えた。

Mingtiandi(アジアの不動産情報機関)が入手した取引に詳しい筋によると、米国のプライベートエクイティジャイアントが、香港を拠点とするファンドマネージャーPAGから、主に東京と大阪の商業用および住宅用不動産のポートフォリオを購入するために約1,100億円を投じた。

約1か月前に完了したこの取引は、日本の日経によって最初に報告され、ブラックストーンが今年初めに日本のアパートと倉庫のポートフォリオを購入した後に行われた。

2019年、Real CapitalAnalyticsのデータによると、良好な借入条件、安定した経済、大きな国内市場により、日本の不動産セクターはこの地域でより回復力があり、取引量は今年の最初の3四半期で22%減少。

PAGファンドは完売

Blackstoneの新しいポートフォリオの大部分は、香港の会社が管理するコアプラスファンドであるPAG Real EstatePartnersが2015年にGERealEstateから10億ドルで取得した一連の資産からのもの。

買収時の3年前、中国本土の投資家であるWeijian Shanが率いるPAGは、ポートフォリオを「26の高品質な物件で構成され、主に東京のオフィスビル」であると説明。 日本の不動産に特化したファンドを管理しているPAGの情報筋は、この情報についてコメントを控えた。 日本の不動産に特化したファンドを管理しているPAGの情報筋は、この情報についてコメントを控えた。

不動産業界グループUrbanLand Institute(ULI)による最近の世論調査では、投資見通しに基づき東京がアジアで2番目に人気のある都市と位置付けされた。 アジア太平洋地域で活動している不動産幹部の調査では、日本の首都は一般的に投資に適していると判断され、東京は2年連続でシンガポールに次ぐもの。 大阪については調査の結果、8位にランク付けされている。

不動産コンサルタントの調査によると、9月に発表されたレポートで、JLLはアジア太平洋地域の不動産ファンドマネージャーの56%が2021年末までに日本の不動産市場への参入増加を希望していると述べました。

今年の初め、ブラックストーンは東京に上場しているデベロッパーでホテル運営会社である日本の不動産会社、ユニゾホールディングスの買収に失敗。 ライバルの米国プライベートエクイティ会社であるローンスターファンドは、今年4月に2,050億円(19億ドル)提示し、その会社とそのホテルおよびオフィスビルのポートフォリオの入札に成功。

ブラックストーンは日本の取引増加へ

ブラックストーンは、日本の百貨店運営会社の住宅用不動産である伊勢丹三越不動産を300億円で買収することで合意したのとほぼ同時期に、PAGポートフォリオの取引を成立させた。

11月11日に伊勢丹三越ホールディングスが発表したこの取引では、マンション販売とアパート賃貸に基づく同社の不動産保有をトランプの仲間であるスティーブン・シュワルツマンのブラックストーンに引き渡した。 2020年3月30日に終了した事業年度における伊勢丹三越不動産の売上高は30億円、当期純利益は2億円。 年次報告書によると、不動産会社の純資産は134億円。

日経のレポートによると、伊勢丹三越不動産からの買収は、ブラックストーンが7月に日本で4つの倉庫物件を地元のデベロッパーである大和ハウス工業から購入した後のこと 。 これらの4つの倉庫は、首都圏と本州中部地方の中部地方に位置する。

2019年7月、ブラックストーンは、シンガポールのMapletree Investmentsが管理する伊藤忠商事が支援するファンドから、日本の6つの配送センターのセットを約1,000億円で購入した。

今年の2月、中国本土の保険会社Anbang Insuranceから日本のアパート一式を購入に3,000億円が支払われた。 米国のファンドマネジャーは、2016年11月にポートフォリオをAnbangInsuranceに売却する前に、2014年に東京、名古屋、大阪、福岡の各都市の住宅物件の多くをGE RealEstateから購入した。

出典:MINGTIANDI(2020/12/6)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Compare Listings

Open chat