Your search results

三大都市圏・主要都市別/中古マンション 70 ㎡価格月別推移

Posted by Hana.A on 8月 4, 2021
0

6月 首都圏 前月比+1.7%の 4,114万円と続伸 東京23区では上昇鈍化

近畿圏では8ヵ月連続上昇 愛知県では2ヵ月ぶりの上昇、最高値に近づく

2021年6月の首都圏中古マンション価格は、全域で堅調な推移が継続したために、前月比+1.7%の4,114万円と引き続き上昇した。前年同月比も2ヵ月続けて10%以上のプラスを示している。都県別で見ると、東京都では+0.7%の 5,711万円と連続上昇を12ヵ月間に伸ばし、神奈川県(+2.8%、3,096万円)や千葉県(+2.0%、2,291万円)では 2%以上のプラスと比較的大きく上昇した。また、埼玉県(+1.1%、2,465万円)も3ヵ月ぶりに上昇しており、1都3県の全域で価格水準が押し上がる結果となった。近畿圏平均は大阪エリアが牽引する形で、前月比+0.6%の2,579万円と8ヵ月連続で上昇した。大阪府では+2.1%の 2,829万円と5ヵ月連続プラスで、上昇率は拡大傾向にある。一方、兵庫県では-0.4%の2,230万円と小幅ながら引き続き下落した。中部圏平均は前月比+1.3%の2,073万円、愛知県では+0.4%の2,170万円と揃って上昇したのは2ヵ月ぶり。2020年の後半以降、愛知県の事例シェアは緩やかな拡大傾向にある。

【6月の主要都市別・中古マンション価格】

首都圏主要都市の中古マンション価格は、東京23区で前月比+0.4%の6,329万円と小幅ながら12ヵ月連続で上昇した。また、横浜市(+3.5%、3,424万円)や千葉市(+1.3%、2,069万円)では前月に引き続きプラスとなった。一方、さいたま市では-0.6%の 2,979万円と8ヵ月ぶりに反落したが、前年同月に比べて高い水準で推移している状況に変わりはない。掲出した主要都市の中では、東京23区・横浜市・さいたま市における前年同月比はニーズの高さを反映する形でやや突出している。近畿圏主要都市の価格は、大阪市で前月比+2.0%の3,646万円と8ヵ月連続で上昇した。ここ3ヵ月間は上昇率も拡大傾向で、上値の重さも払拭された。一方、神戸市では-0.6%の2,251万円と小幅ながら引き続き下落しており、大阪市との価格差は拡大しつつある。名古屋市では前月比+0.7%の2,461万円と上昇し、最高値を記録していた4月の価格水準を僅かに上回ったが、前年同月比では東京23区や大阪市にかなり水をあけられている。

【6月の各都市圏中心部・中古マンション価格】

都心6区は前月比+0.5%の9,164万円と引き続き上昇傾向で推移しており、千代田区を除く5区で横ばい~強含みとなった。一方、築古事例が増加した城南・城西エリアでは概ね横ばいで上昇一服、城北・城東エリアでは11ヵ月連続プラスとなった。大阪市中心部では+1.5%の4,755万円と7ヵ月連続で上昇し、名古屋市中心部では+0.2%の3,179万円と強含んで 4 月に記録した最高値を僅かに上回った。なお、この半年間での値上がり幅は都心6区:502万円、大阪市中心部:222万円、名古屋市中心部:194万円となっている。

Compare Listings

Open chat